ゲームが好きなまま子育てしています

ゲームが好きなまま子育てしているただのママがゲームとオタク趣味、カルチャーについて書き込みます ツイッターID→@godonyukisa

前作にハマらなかった夫のSplatoon2観察プレイ日記 その2

サーモンランなら・・・とはじめた夫のバイト生活。

なんと私が見るかぎり皆勤賞だ。

 

イカウィジェットからバイトの時間を調べ、勤勉に働いている。

 

 

特殊なWaveにも慣れてきたのか

私が今日のブキ編成ヒカリバエ辛いな~とつぶやいていたら

 

「いや、固まって戦えば大丈夫だ」

 

と語り出すランク4。

 

たつじんとじゅくれんをいったりきたりしているみたいだが

ここまで来れば立派なバイト戦士といえるかもしれない。

 

そしてカレは波も読める男に成長していたのだった。

ドンブラコの船上から干潮の波を読み、素早く仲間に告げる

 

「カモン!」

 

f:id:taiyanmama:20170914171724j:plain

 

そして海の藻屑になった・・・

 

干潮時、速すぎるとまだ完全に波が引いておらず

飛び込むと立派に死ねる。

 

満潮に気づかずおぼれるなど、開幕から消える仲間はたまにいるが

カモンして消えるのは恥ずかしい。

 

しかも私はこのできごとの直前

干潮時に飛び込んで消えていった仲間がいてさ~アハハと話していたばかりだったのに

目の前で再現されてしまった。

 

「何やってんの?」

「話聞いてなかった」

 

ま、ゲーム中だからね・・・話聞いてなくてもしかたないよね。

 

幾度の失敗を繰り返しイカ達は成長していく。

 

クマサン商会の前でたむろしてるイカの中にレベル4のヤツがいたら

もしかしたらそれはうちの夫かもしれない・・・

 

つづく

gamedaisukiotona.hatenablog.com