ゲームが好きなまま子育てしています

ゲームが好きなまま子育てしているただのママがゲームとオタク趣味、カルチャーについて書き込みます ツイッターID→@godonyukisa

小保方晴子さんの本「あの日」を読んだ

図書館で借りる予約をしていたのだけど、かなりの人数が待っていたのでいまや借りたことをすっかり忘れてしまっていた本。

正直時期を過ぎちゃった感はあるものの読んでみた。

 

 

 

私が思うあらすじ

研究者さんたちから引く手あまたのシンデレラストーリー。

キラキラした日々、色の付いた日々。

このまま大好きな研究に没頭できるかとおもったら、若山さんと一緒に研究するようになってから変わっていった。

功を焦る若山さんとのズレを感じながらの研究と論文。

STAP細胞があることを証明するにはそれでキメラマウスを制作して、なおかつ証拠を提示しないといけない。

しかしそのためのキメラマウス作成法は若山さんから絶対に教えてもらえなかった。

若山さんの超絶ゴッドハンドテクニックに頼るしかしかない。

その間の課程はみせてもらえないまま、できあがったマウスを若山さんからもらって研究。

なんとか論文にまとめたもののリテイクの嵐。

このままでは・・・と、笹井さん登場。

笹井さんは論文を通す達人だったのだ。

無事論文は雑誌に載り、記者会見。

世界中で話題になり、時の人となる。

ところが論文に不備がみつかったり、過去の論文がコピペだったり違う写真つかっていたりということが明らかになり、世の中から大バッシングをうける。

追いかけられ、ネットやメール、テレビで叩かれる日々。

若山さんは小保方さんを捨て駒にし、自衛をはかる。

STAP細胞の証明をするため、弱り切った体で研究を続ける小保方さん。

当然キメラマウス作成ができない彼女にはそれはできなかった。認められなかった。

早稲田大学博士号を撤回され、論文も取り下げられることとなった。

彼女の研究者としての人生は終わった。

 

と、こんな感じですかね。

感想とかいろいろ思ったこと

これは小保方さん本人が書いた本であるので、当然彼女側のストーリーが描かれている。

まず驚いたのは、すごく読みやすい文章で書かれていること。

スラスラ読める。

順序立てがすごいうまいのか、流れるようなストーリー。

その時の風景、感情、着ていた服まではっきり覚えているのだから、やはり頭はとてもよさそうだ。

 

実験が込み入ってくると、さすがに素人ではちんぷんかんぷんになってしまうが

それでも順序立てて素人にも、研究者にもよくわかるようにと描写しているのが伝わる。

そのお陰でどんな実験なのかはなんとなくわかる。(なんとなくだけどね)

 

論文というのは複数の著者がいるということ、責任のランクがあることなどがわかった。

バカンティ教授と若山さんとの間を取り持つように責任著者になった小保方さん。

当初STAP現象を発見したよ!ってだけの論文のはずだったのに、金と名誉に目がくらんだ若山さんによっておおげさにされちゃった、みたいな記述もあった。

 

STAPの名付け親は論文を通りやすく指導してくれた笹井さん。

小保方さんがつけた名前はアニマルカルス。

ニンジンなどの植物はちょん切ったとき、細胞のかたまり(カルス)ができてそこから再び個体をつくりだすことができるんだそうだ。

そこから取ったそうで。アニマルカルスって言葉、かっこいいよなぁ・・・

 

まぁなんというか、素人には分からない部分が多いので事件の真相はなんだったのか?と言われると結論は出せない。

この本には若山さんがあやしい!とかいてあるからねぇ・・・

確かにマウス関連を一手に引き受けていたのが若山さんなのだから、あやしさ爆発って気がするけど。

 

それなのに世間では皆さんも知るように小保方さんだけへの猛烈なバッシング。

どうして若山さんがあやしいじゃん!って情報はあのとき表にでることがなかったのか。

笹井さんなんて、元々は論文の書き方指導してくれてただけなのに責任者扱いになって自殺にまで追い込まれているし。

 

キラキラの日々からどん底以下の人としての形をなしてないだろうと思われる壮絶な日々への転落描写はさすがにこたえる。

 

さいごに

今私が思うのは、いつも心がけていることだけど

ツイッターなどで自分の中にきちんと落とし込まれて納得したモノ以外は拡散しない、ということをこれからもやっていこうと改めて感じたってことかな。

一方的に叩くこともしない。確証や反論がない限りしない。

 

拡散→炎上→自殺とか廃業とか多いけど、自分に関係ないものは放っておけばいいはず。それをなぜ何にも知らない人が勝手に怒って炎上に荷担するのか私には理解できない。

(男子お断りの料理店炎上とかね。くっだらない。)

 

一億総監視社会怖い。

 

今までよく分からないのに小保方さんを一方的に叩いていた覚えのある人は、小保方さん側の言葉にも耳を傾けてみてもいいんじゃないかなーということで。

(難しい実験のこととか、論文をとりまくしくみなど分からないことも多かったので解釈間違ってる所とかあるかもしれませんが何とぞご了承下さいませ)