読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームが好きなまま子育てしています

ゲームが好きなまま子育てしているただのママがゲームとオタク趣味、カルチャーについて書き込みます ツイッターID→@godonyukisa

声かけ写真展大炎上 そういや私も撮られてた・・・

今からおよそ30年前、日本に『声かけ写真』という文化が存在していた。
聞きなれない言葉かもしれないが、要するにカメラを趣味にする人が、公園や学校などで子どもたち(主に少女)に声をかけて了解をもらい、写真を撮影する、というものである。

(ガジェット通信より)

 

その声かけ写真を集めた展覧会が開かれたそうだ。(すでに終了)

getnews.jp

 主催者の意図するところはこちらのインタビューを見るといいかと思う。

確かに少女は純粋でかわいいよな~って人と、キモイって人にまぁわかれますよね。

なのでこの写真展自体にクレームが付くことは当然考えられるんだけど、色々発覚した事態でこれがアウトってことが分かってくる。

 

まず主催者がアダルトサイトをやっている。そういう目線での展覧会ということが分かる。

中年男性が少女に声をかけて撮った写真限定。

撮る側も男女混合、被写体も男女問わない幼い子供の写真展であればまだ良かったと思うのだけど。

 

声かけ写真文化ってのがあった30年前からの写真なので、当然無許可だと思われる。

無許可でこんな展覧会に晒された方もたまったもんじゃないが、なおかつその写真を勝手に販売していた。

 

展覧場所がけっこうまともな場所。

世田谷ものづくり学校というアーティスティックな展示をやってるところ。

 

以上のようなことで大炎上。

 

私も撮られてた

声かけ写真という文化があったことはこの事件で知った。

そういや私も写真を何度か撮られたことがあったってことを思い出した・・・

大きくなってからそのことを思い出したとき、もしかしてロリコンの人だったのかなーと思いはしたけど、別に気持ち悪いとかいやだとかは思わなかった。

なぜなら撮った後もらった写真がとてもキレイだったから

 

だから少女が好きだという男性の、母性とはまた違った視線が芸術を生むってのはある程度理解できる。

でも、そこでおさまっている作品とあきらかにエロだろうという写真がたぶんごっちゃになっていたと思われる。

 

いやだなーと思っていなかった私も、今回のことで過去に写真を撮られたことを後悔しはじめている。

勝手に展覧会に晒されたり、さらに知らない人に写真を勝手に買われたり、拡散されたりしているのかもと思うとゾっとするから。

撮った人の中だけで収まっているとおもっていたのに・・・

 

撮られた手口

・入院中の病院にて。長期入院中だったので、同じ入院患者に声をかけられたのだと思う。母が常に居たので、許可はもらっていたんじゃないかと思う。

確かカメラマンをめざしているとかそんな感じで。

できあがった写真をもらったけど、とてもきれいに撮ってくれてて、うれしかった。

たぶん今でもどこかにしまってある。

 

・公園でアコーディオン演奏おじさんに遭遇。友達とも一緒だった気がする。

ひいてみる?と声をかけられ、ひいてるところを記念に写真をとってあげると言われた。

後日学校の子供を通し、写真をもらった。

写真をくれた子とは面識がなかったため、どうやって私を知ったんだろうとちょっと不思議だったことを覚えている。

 

覚えているのはこれくらいなんだけど、もしかしたら他にもあったかも・・・

 

共通しているのは写真撮っていい?みたいなストレートな誘い方じゃなかったので、いやだとか不審者だとかそんなことは全く思わなかったこと。

無知だったとか、古き良き時代と言われればその通り。

 

だからそれで済んでいたことをこうやってほじくりかえされたことが私は非常に腹立たしい。

 

もう相当年月のたっていることなのに、今更ロリ愛好家のオカズとか勘弁して欲しい。

今回の展覧会に勝手に出されていた女性は芸術と言うよりエロ目線で使われたってたぶん嫌な気持ちになるよ。

 

愛好家はいるんだろうけど、表に出てくるな、出すなってこと。

アングラでいろいろやるのはかまわないからそっとしておいて欲しい・・・

 

 

昭和下町カメラノート

昭和下町カメラノート

 

 ▲こういう風景の一部とかイメージならいいのに

 

▲無知だった私のもうひとつのエピソード